株式会社アンジュのホームページへようこそ。 長崎で不動産(賃貸物件・売買物件)をお探しの方はぜひ、当社でご相談ください。 皆様の条件にあった物件をご紹介させて頂きます。
長崎の不動産会社アンジュ
売買の流れ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長崎の不動産会社アンジュ長崎県長崎市弁天町13番15号TEL.095-862-8822
※スマートフォンからご覧のお客様は、電話番号をタップすると直接かける事が出来ます。
 
 
不動産売買の流れ
 
皆さんは不動産売買を検討する際、どのようなポイントで不動産会社を選びますか?
CMをいっぱい流している大手の不動産会社ですか? 大手ですし安心出来そうですよね。
でも、皆さんの大切な資産の売買のお話しです!色々な不動産会社を訪問し、自分たちの話をきちんと聞いて、しっかりと裏付けのある査定価格の提示等をしてくれる頼もしい担当者さんを見つける事が大事です。

間違いのない不動産会社選び。それが不動産売買成功への第一歩です。
そして当社は、たくさんのお客様から、ご指名頂けるような対応を心がけております。

依頼をする不動産会社が決まりましたら、まずは今後のプランについて相談をしましょう。
 
 
売却のご相談〜物件引き渡しまでの流れ
 
ここでは、売却のご相談から物件が引き渡されるまでの流れを分りやすくご説明します。
 
 
不動産の売却は、お客様(売主様)のご事情やスケジュールなどで、最適な売却方法が変わってきます。不動産の売却を考え始めたら、まずはお気軽にご相談ください。お客様の不動産がどれ位の価格で売れるのか、ローンが残っている物件を売るにはどうしたらよいかなど、売却に必要な情報を詳しくご説明致します。その中で売主様の状況にあった売却方法をご提案させて頂きます。
 
 
ご依頼の不動産物件について、お客様(売主様)から直接お話をうかがうことはもちろん、現地や周辺環境の調査、建築法規や権利関係の調査、周辺の売出事例、成約事例などを調査し、価格査定を行います。
 
 
当社にて正式に売却を開始する際は、売り出し価格を決定し、当社とお客様(売主様)との間で書面にて売却の依頼の契約(=媒介契約)を締結します。
 
 
当社のホームページや不動産ポータルサイトなどの物件情報掲載、各種住宅情報誌への掲載、店頭での物件情報の掲示など、さまざまな手段で購入希望者を探します。そのほか、条件や希望にあった既存顧客への物件紹介、不動産をお探しの方が気軽に見学できるオープンハウスの開催を行います。 売却物件に対する問い合わせ状況や反応など売却活動の経過報告は定期的に行います。
 
 
売主様と買主様、双方の条件がまとまったなら、いよいよ契約を結びます。購入物件や取引条件等についての重要事項の説明をさせて頂きます。
十分ご理解頂いたうえで、売買契約書の内容の確認、署名、捺印をして頂き、買主様より手付金を受け取ります。
 
 
残代金の受領日までに、買主様へ物件を引渡せる状態にしておかなければなりません。当社では、抵当権などの抹消登記の手配や引越し業者の紹介など物件引渡しまでのさまざまな準備をお手伝いさせて頂きます。
 
 
残代金を受け取り、登記を申請します。各種関係書類を買主様に引き渡し、仲介手数料などの諸費用の支払いを行って頂きます。
その後、買主様へ鍵をお渡しし、物件引き渡しの完了となります。
 
 
 
 
 
さまざまな予期せぬ事情で、不本意に住宅ローンの返済を滞らせてしまう方が現在増えています。
もし下記のような状況でお困りのお客様がいらっしゃいましたら、一人で悩まずに、専門家である当社に相談されてみませんか?
 
 
住宅ローンの支払いが滞った場合に、所有者と債権者の合意のもとで所有者の意思で適正価格にて不動産を売却することです。
住宅ローン滞納等の理由で所有不動産の競売が実行される前に、債権者の合意を得て不動産を売却することを言います。

もし競売になると、所有者との意思とは関係なく不動産は強制的に売却されてしまいますが、任意売却はその名のとおり、所有者の意思(任意)での売却が可能です。

通常の不動産の取引では、売主と買主の間に不動産会社が入り仲介をおこないます。
しかし、任意売却の場合は、売主(所有者)と買主はもちろんのこと、債権者(金融機関等)の間に当社が入り、債権者と売却金額の交渉を行います。
当社への仲介手数料も、債権者への返済分から差し引きますので、契約時の費用は0円となります。
 
 
 
 
任意売却と競売の違い
 
一戸建てやマンションなど住まいを購入する場合には、購入する住宅を担保にして(抵当権の設定)、住宅ローンを利用することが多いと思います。
地道に返済できている間は良いのですが、やがて返済が困難になり、ある程度滞納してしまうと、通常、融資している金融機関は抵当権に入っている住宅を差し押さえて競売等で融資額を回収しようとします。
競売になってしまうと、自らが売却するよりも安価な価格で売却され、なかば強制的に住まいを明け渡さなければなりません。もちろん拒むこともできません。
なにより競売情報が公開されるため、親戚や近隣に知られてしまうというリスクもあります。
こうした競売で住宅を処分される前に、金融機関の了解のもと、自らが不動産を売却することを任意売却と呼びます。
通常、抵当権を抹消するためには、融資の残債を返済する必要があります。
しかし売却価格が残債を下回る場合、足りない金額には自己資金を充当するなどしなければ抵当権を解除してもらえません。ただし任意売却であれば、足りなかった(返済しきれなかった)債務を残したまま抵当権を解除してもらうことができます。
また任意売却は競売に比べ、市場価格に近い価格で売却できること、引越時期について協議できる、情報が開示されないなどのメリットがあります。
もしも住宅ローンの滞納が繰り返されるようなら、こうした手段もあるということを覚えておくと良いでしょう。
 
 
任意売却
競売
自分の意思で不動産を売却できる
×
高い価格で売れる可能性がある
近隣に知られず売却活動ができる
×
売却後の余剰資金がある
×
精神的ストレスを軽減できる
×
売却後の残債務の交渉ができる
×
新たな生活の立て直しができる
×
 
 
 
 
 
 
 



株式会社アンジュ
長崎県長崎市弁天町13番15号 TEL.095-862-8822 FAX.095-894-8840
受付時間:10:00〜19:00 定休日: 日・祝
Copyright (c) 2017-2018 株式会社アンジュ All rights reserved.